小学生も憧れを抱くYouTuberという職業

彼らは、俗に「YouTuber」と呼ばれています。日本では2013年頃から、「動画を配信して収入を得られる」という画期的な方法が注目され、稼いでいる人では1億円以上の収益を得ていることで話題になりました。特にYouTubeの場合、世界中で動画の配信が行われているので、配信した動画も世界中の人が視聴している可能性があります。YouTuberが配信している主な内容としては、「ファッション」、「美容」、「ゲーム」、「料理」などジャンルは多岐にわたります。その他にも日常や昨今の新型コロナウイルスの影響で自宅にいる時間が増えているなかで「おうち時間」を紹介したり、「モーニングルーティン」や「ナイトルーティン」など日常生活を紹介している動画もあります。近年は、企業や行政機関、医療機関、学校なども公式チャンネルを解説している他、芸能人なども公式チャンネルで情報を発信することが当たり前のようになってきています。特に知名度が高い人ほど数ヵ月で50万人や100万人の登録者になることもあります。そもそもの疑問は、「なぜ日常生活などの動画を配信しているだけでお金が稼げるのか」という人もいるかもしれません。

近年では、小学生が将来の夢として「YouTuber」と語るほど、近年YouTuberという職業は人気を集めています。実際のところどうやって収益を得ることができるのかについては、あまり知られていません。YouTubeで稼ぐ方法としては、「広告収入」、「アフィリエイト」など主に広告関係の収益です。広告関係の場合、2000年代前半までは、テレビおよびラジオによるCMが主な広告収入源でした。近年は、多くの企業がYouTubeなどの動画サイトが急速に普及している影響もあり、テレビやラジオ以外にも、YouTubeで広告を掲載する企業も増えてきています。方法は、動画に広告を掲載数だけという簡単なものです。つまり、「アフィリエイト」と同じで視聴者が掲載されている広告から商品を購入した場合、その金額の一部分が収益となります。他にも、ライブ配信などで視聴者と直接やり取りができる「スーパーチャット」、洋服や雑貨などのオリジナル商品の発売、企業とのコラボ案件など稼げる方法は様々です。報酬金額は1再生あたりおよそ0.1円に設定されています。収益は微々たるものですが、チャンネル登録者数を増やし、再生回数が数十万回となった場合には、会社員の月収以上の金額を得ることが可能となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする