FXとプログラミングは初心者でも参入しやすい?

副業としてやる場合、FXとプログラミングはどちらがおすすめなのでしょうか?
今回は、それぞれのメリットについて、詳しく解説をしていきたいと思います。

まず、FXからです。
まず、1つ目のメリットは、「短期間で稼ぎやすい」という所です。
FXでは、非常に短期間で稼げる可能性を持っています。
必ずしも、「経験がある人が勝てる」という世界ではないからです。
FXの世界は絶え間なく変化し続けており、初心者でも参入がしやすく、勝てやすいです。
そして、レバレッジをかける事により、本当に1億とかそれくらいの額を稼げる可能性を持っています。
プログラムの副業と比べると、稼げる額は圧倒的に違いますよね。
しかしながら、FXの方がリスクはある事は否めませんが。
ただ、これはあくまでも「金銭リスク」です。

2つ目のメリットは、「副業として継続しやすい」という所です。
FXでは、副業として継続しやすいポイントがいくつかあります。
・手法によっては時間がかからない事
・隙間時間にスマホでできる事
主にこの二つが挙げられます。
まず、FXでは短期的に売買する手法もあるのですが、長期に一回売買を繰り返すような手法の場合は、ずっと値動きに張り付いている必要はありません。
そのため、副業としてやる時間を確保することなく、ほぼ放置で稼げます。

また、短期的に売買する場合であったとしても、隙間時間にスマホでできる点なども副業としてやりやすい特徴の一つです。

次に、プログラミングのメリットについて書いていきます。
1つ目は、「勉強すれば安定的に稼げる」という所です。
プログラミングは、勉強こそ結構大変なもので、継続的に何ヶ月もする必要があるのですが、一度技術を習得してしまえば、その後は安定的に稼げるようになってきます。
しかし、稼げる額はFXほど多くはなく、副業の場合は、月に20万が限度だと思います。

2つ目のメリットは、「徐々にスキルアップしていける」という所です。
FXであれば、テクニカルやファンダメンタルズを勉強したからと言って、必ずしも勝てるようにはなりません。
しかし、プログラミングでは、勉強すればするほど、着実にスキルアップをしていく事ができます。

では、どちらの副業がおすすめなのでしょうか?
実は、「投資」という面では、どちらも変わらないのです。
なぜなら、プログラムは「時間の投資」であるのに対し、FXは「お金の投資」だからです。
そのため、時間を投資しても良いという人はプログラミング。時間よりもお金を投資して自由に過ごしたいのであればFXがおすすめです。

資本主義の大原則として、「お金の投資」をしている人の方がお金持ちになりやすいです。
そのため、お金持ちを目指す場合はFXがおすすめでしょう。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする